5つのサービス | 海外移住なら、ル・セルヴァン・ウェルスマネジメントへ

5つのサービス

  • HOME »
  • 5つのサービス
ル・セルヴァンの4つのサービス
ル・セルヴァンが提供する「投資による海外移住」「市民権取得」「海外不動産紹介」「スイス・プライベートバンク口座開設」「ファミリーオフィス設立」の5つのサービスを紹介いたします。
投資による海外移住
投資による海外移住、イメージ

ル・セルヴァンでは超富裕層・富裕層の個人やご家族を対象にイギリス、モナコ、マルタ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、スイスなどヨーロッパ及び、旧イギリス領の香港、シンガポール、セントキッツ・ネイビスなどを中心に投資による海外移住のお手伝いをしています。
移住先の選定に必要な条件や投資額の確認、教育システムなどの生活環境の情報を提供し、永住権の取得をサポートいたします。
特にご家族で海外移住する場合、お子様・お孫様の教育環境のよさが重要です。治安、文化、気候、教育、言語などを考慮し、最適な国・地域への移住を提案いたします。

市民権取得、イメージ
市民権取得、イメージ

世界の超富裕層・富裕層は悪政からの資産保全、戦争や予期せぬ自然災害から身を守るため自国の国籍以外に中立国やタックスヘイブンのパスポートを持つことがあります。
例えば、EU加盟国で社会的に安定した中立国のマルタ共和国のパスポートは、イギリス、ドイツ、フランスなど他のEU加盟28カ国及びスイスへの自由なアクセスを実現。市民権は、個人投資家プログラム(IIP)申請後、厳正な審査を経て約1年間でご本人様とそのご家族に与えられます。
ル・セルヴァンと契約する法律事務所は、各国政府と協力しマルタ共和国やセントキッツ・ネイビス連邦などのパスポート取得のプログラムを設計しています。これらの国の投資による国籍取得のお手伝いを日本語で行っています。

海外不動産紹介、イメージ
海外不動産紹介、イメージ

マルタ、スペイン、ポルトガル、ギリシャなどでは、投資移民の申請に不動産物件の購入が条件づけられています。
ル・セルヴァンでは、不動産物件を購入するための現地内覧から決定まで日本語でサポートいたします。
多くの都市では階層ごとに住む地域がはっきり分かれていますし、日本のように公共交通機関のアクセスに便利な駅前が良い物件とは限りません。国によっては、富裕層は中心地から少し離れた地域で暮らし移動に車を使うため、公共交通機関を使うのは労働者階級という場合もあります。信頼できる現地不動産会社と提携していますので、現地の人にしか分からない情報の提供が可能です。

スイス・プライベート口座開設
スイス・プライベート口座開設、イメージ

海外移住された方に、世界中の富裕層の金融資産を預かるスイスのプライベートバンクをご紹介いたします。
最低預け入れ金額の高さや、紹介者が必要であることなど口座を開くことは難しいといわれていますが、ル・セルヴァンにご相談いただければスムーズな口座開設が可能です。
日本国内のみで、大切な資産を守り、育て、次世代に引き継いでいくことは次第に難しくなりつつあります。また2、3年で担当者が頻繁に変わる日本の金融機関に不信感をもたれている方も多いかと思います。スイスのプライベートバンクの一番の特徴は一度担当者が決まるとその人が長い間お客様を担当し、いつも安心して話せる人ができることです。海外移住を機会にスイス・プライベートバンクの口座開設をご検討されるのはいかがでしょうか。

ファミリーオフィス設立
ファミリーオフィス設立、イメージ

欧米では事業に成功した資産家ファミリーが一族の永続的な発展を目的に弁護士、税理士、コンサルタントなどの専門家で構成するプライベートな組織「ファミリーオフィス」の設営を行っています。
「ファミリーオフィス」のおもな役割は、一族の3大財産(財的財産、人的財産、知的財産)を積極的に運用、保全することから、次世代のリーダーの育成、スムーズな継承を行うことです。
特にヨーロッパでは多くの国が隣接し、戦争等により政治体制が急変し個人の資産が奪われる危険性が高かったため一族の資産を多世代に渡って守る方法が発達しました。中立国のスイスはその中心的な役割を担っていました。
ル・セルヴァンでは、6世紀ごろのヨーロッパの王侯貴族の資産管理人がルーツとされる「ファミリーオフィス」のスイスでの設立を通じて、ご家族のグローバル化に対応し、ご家族の資産のみならず、幸せを守り、家族文化、伝統を次世代に継承するお手伝いをいたします。

コンタクト
メール・お問合せ
移住対象国ヘッダー
イギリス
モナコ
マルタ
スペイン
ポルトガル
ギリシャ
スイス
アメリカ・ハワイ
カナダ
セントキッツ・ネイビス
アンティグア・バーブーダ
香港
シンガポール
マレーシア
オーストラリア
ニュージーランド
スイス・プライベートバンク
移住対象国ヘッダー
事例紹介
HAPPYヨーロッパ移住
ツイッター
ブログ
PAGETOP